Skype勉強会(スカゼミ)に所属する人の日記

Skypeプログラミング勉強会の内部をレポートしていきます。

社会実験としてのSkype勉強会

大学教授はある程度プロの人がやっている印象があるのだが、小中高の先生は、「教える者」として、素養に問題のある人がやっている印象がある。

はっきり言うと、中学高校レベルになると、従来の意味での教員はいらない可能性がある。下手をしたら小学校レベルでもいらないかもしれない。

必要なのは、学力テストと、本や動画などの教材、あとは、コンサルタントとしての教員、そして、教え合うコミュニティである。

今のインターネットの時代において、従来の教育システムは明らかに問題があると思う。

従来の教育においては、真の友情や協力関係、批判的思考を身につけることは困難だと思う。
今の小中高において、「教える者」として、教員が新しい知識を身につけている感じがしないし、また、それが不可能な状況もあるんだと思う。
必要なのは新しい教育フレームワークだと思う。
現在の教育システムは、ちょっとひどい状況を生み出している感じがする。
小学校の学問が理解できているのが7割、中学校で5割、高校で3割であることは有名な話である。
現在の教育システムでは、勉強することが「苦行」になってしまっている感じがする。
勉強することが「苦行」になってしまっているのは、あくまでもシステムの問題であって、勉強自体が苦行なわけではない。
勉強は楽しいものであるべきだと思う。楽しいから勉強するべきだと思う。
新しい教育フレームワークのための試みはなされているし、新しい教育システムは現在進行形で構築中だ。
多分大事なことは、「新しい」教育システムを取り入れることだと思う。
「古い」教育システムが安心であると考えてはいけないと思う。「古い」ものは、危険で高コストであることが多い。
特にネット教育は、「イノベーションのジレンマ」で言う「破壊的イノベーション」だと思う。
僕たちの世代ができることは、できるだけ良いオプションを揃えてあげることだと思う。
そのための実験として、ネット制大学やSkype勉強会は面白いのかなと思う。
N高校とかも面白いかなと思う。今なら僕ならN高校に入っていた。