読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skype勉強会(スカゼミ)に所属する人の日記

Skypeプログラミング勉強会の内部をレポートしていきます。

発達障害者、アスペルガー、自閉症スペクトラムの離婚率について

自閉症スペクトラム」「アスペルガー」「離婚率」で検索すると、80パーセントでものすごく高いみたいな記事があって、傷つけられた方が多いと思います。
僕も自閉症スペクトラムアスペルガーを持っているので、こういう記事に傷つけられました。
僕はつくづく日本語の記事ってクソだなーと思うのです。こういう迷信みたいなことが日本語では未だに跋扈しているんですよね。
ということで、英語で「autism spectrum divorce rate」で検索してみました。

結論から言うと、自閉症スペクトラムの離婚率は高くないです。

では、検証していきましょう。

まず最初に取り上げる記事はこれです。

http://www.webmd.com/brain/autism/news/20100519/autism-famlies-high-divorce-rate-is-a-myth#1
(Autism Families: High Divorce Rate Is a Myth アクセス日時:2017年1月7日)

検索でトップに出てきた記事です。
これによると
自閉症を持つ子供を持つ家族と持たない家族において、家族構造において著しい違いはない」ということです。
事実においてあることは
自閉症を持つ生物学的、または、養父母の離婚率は64%ともにである。そして、自閉症を持たない(生物学的または、養父母の)離婚率は65%である」と医学博士のFreedmanは言ってます。
自閉症が遺伝するとすれば、この事実はつまり、夫、または、妻が自閉症でも、そうでなくても、離婚率は変わらないことを示唆しています。
そして、自閉症の子供を持つことにより、離婚率は1%下がることを示唆しています。
そして、Freedman博士は、「(離婚率が80パーセントであるという言説は、)自閉症を持つ両親の自信を無くさせ、恐れさせる」と言ってます。
さらにFreedman博士は言います。
「確かに、自閉症を持つ両親の研究は、追加的なストレスについて話すことが多い。だから、そのストレスが離婚へと導くのかもしれない」
それと同時に、僕は発達障害を持つ人に余計なコンプレックスを抱かせて、ちゃんと結婚しないと僕は思うんですよね。

ということで、自閉症スペクトラムを持つエンジニアさんも、エンジニアでない自閉症スペクトラムの方も、ちゃんと結婚して子供作りましょう。
ちょっと学術的なフォーマットに従ってないのですが、問題あったらご指摘ください。

reference

Brian Freedman, PhD, clinical director, Center for Autism and Related Disorders, Kennedy Krieger Institute, Baltimore.
Geraldine Dawson, PhD, chief science officer, Autism Speaks; research professor, University of North Carolina, Chapel Hill.
International Meeting for Autism Research, Philadelphia, May 20-22, 2010.
Levy, S. Journal of Developmental & Behavioral Pediatrics, May 2010; vol 31: pp 267-275.
Julie and Peter Waldron, Baltimore County, Md.